12月のピュアクリスタルプレゼントは『ピュアクリスタルグラッシー』!!応募はこちら

猫にペット保険は必要ない?それはあなた次第です!!【両学長は不要派】

 もし病気になったら医療費高いから保険に入っておこうかな?
 でも、病気にならなかったらもったいないし、、どうしよう。。

こんな風に悩んでいませんか?

みーと

現に私も絶賛悩み中です。。

「じゃあ、お前の記事読んでも仕方ないじゃないか!」

と、お怒りになる前にちょっとだけ私の話を聞いてください。

絶賛迷い中の私が[ペット保険に入るべきか否か]と色々調べましたので、ぜひ共有させてください!
ペット保険のいいところ・悪いところをありきたりな事ではなく、最新な情報までいろんな意見をまとめました。

結論から言うと、人の意見で決めず自分でも調べてみよう!ということです。

みーと

あーーー!帰らないでくださいね( ;∀;)
理由はあります!!

いざあなたの大事なネコちゃんが病気になった時に、入っておけばよかったと後悔するのではなく、入っていてもこれだけかかるんだという知識が必要だと考えています。そのためにも、ペット保険の内容を把握しておくことが大事です。

「貯蓄してため込んでおいた方がいいのか」
「ペット保険に入った方がいいのか」
いろんな保険があるので一度は自分の目で確かめてみるべきです。

この記事を読んだあなたが最終的に決断出来るようになるお手伝いになれれば嬉しいです

\まずは無料で資料請求してみよう/

目次

【ペット保険不要派】両学長のもっとも過ぎる意見

まとめ仲間
みんなで相談だ!

登録者数150万人超えのYouTubeチャンネル「リベラルアーツ大学」の両学長はご存じですか?
必要なお金の知識を教えてくれる大人気youtuberです!

みーと

私も大好きでお金の知識を勉強させて頂いている毎日です!

そんな両学長は「ペット保険は不要」と説明している動画があります。

マッチョライオンかっこいい!!

両学長のペット保険不要の理由

  • 「不幸のギャンブル」ペットが病気になるかどうかにかけるギャンブル
  • 「保険に入る目的とは」万が一の場合、生活が破綻しないようにするため
  • 病院代で生活が困窮するくらいだったら、そもそもペットを飼ってはいけない
  • 保険適用外の病気が多いので、病気になっても使えないことがある
  • 一生かかる診療費:平均約53万(平均寿命15歳)
    保険から出ても全額負担ではないので、自己負担分を足すとほぼ損をする

ざっくりまとめるとこのようなことから、ペット保険に入るならその分貯金をしよう!という事です。

ペット保険のデメリット

実際に私もこの動画を見る前までは、ペット保険に入る気満々でした。
確かに[不幸のギャンブルと一緒]といってしまえばその通りです。

ペット保険に入る際に意識しておかないといけない点

  • 掛け捨ての保険料
    基本、掛け捨てなので病気にならなかったらお金を戻ってきません
  • 保険対象外のものが多い
    去勢・避妊手術・健康診断・ワクチン接種 等
  • 毎年更新できるかわからない
    病気にかかった場合、基本1年契約なので続けて更新できない場合がある

SNSで集めた考えさせられる口コミ

ちゃーさま

両学長やみんなのいう事がもっとも過ぎて、入らなくてもいいなって思うな!

みーと

ですよねー。。
でも、ちょっと必要派の声も聴いてください!!

【ペット保険必要派】現場やSNSであつめた意見から思う事

まずは病気にならない事が大事

現場やSNSであつめた意見

ペット火葬で働いていた時に聞いた話

「腎臓がんで亡くなったんだけど、結構お金がかかったから保険入ってて本当によかった。
いま2匹いるけどみんな入ってるよ。ちょっとしたことでもすぐ病院にいけるからいいよね」

「最後の一ヶ月は毎日通院して、注射やら点滴やらたくさんしたよ。
お金がめっちゃかかったけど仕方ない。でも、保険入っておけばと心底思った。」

みーと

こんな話をよく聞きました
亡くなった子の話を聞いているとお金の話もする人もいた感じです

SNSで集めた必要派の口コミ

こーさん

病気って本当に怖いね。。
いつ誰に起こるかわからない、、
そのためにも日々の食生活とかも見直していかなきゃね

ペット保険のメリット

損得で考えない人にはおすすめ

  • 病気になった時に経済的負担軽減
    病気になった場合、補償内容次第で経済的負担は少なくなる
  • 早期発見につながる
    経済的な負担の軽減から病院に行く足も軽くなりやすい

現場やSNSであつめた意見の人達は、残念ながら病気にかかってしまった子を持つ人達です。
確かに不幸のギャンブルなのでかかった場合は、入っててよかったねと思えると思います。

ただ、病気で亡くなっているネコちゃんも多いのは事実です。

また、医療の発達から嬉しいことにネコちゃんの寿命も延びています。そうすると、高齢になるにつれて病気になりやすくなります。

ペットを飼うという事は色んなお金がかかること前提なので、その分貯金をしておくのはもちろんですし、治療費も払えないんだったらペットを飼う必要はない、と言われるのもわかります。

でも、高いものは高いって思っちゃいますよね。

ネコちゃんは話せないから、ちょっとしたことでも心配になって病院に行ったら、結局なんでもなくて「あー良かった」と思う反面「お金損したなー行かなくてもよかったな」と思っちゃうことありませんか?

さらには、

自己判断ミス子

前回なんでもなかったから今回も大丈夫でしょ!
お金も時間も取られるだけだし

と自己判断で、早期発見を逃してしまう人もいるのではないでしょうか。

ネコちゃんには結果がどうであれ、せめてお金のことは何も考えずにすぐ病院に行くようにしたいです。

そのためにペット保険に入るのもいいのかなと考えてます。
ただデメリットにあったような保険ばかりで、自分にとってメリットのない保険は意味がありません。

年齢・種別などネコちゃんによって必要なプランは変わってきます。
まずは、ペット保険に入ると我が家のネコちゃんはどれだけ費用がかかるのか、調べてみませんか。

\ 簡単に無料で何社も申し込めるよ /

アメリカでペット保険に加入する人が急増している!!

半目で寝てるはっちゃん。。いますぐ病院に!?

こちらの記事では、アメリカでコロナ禍で在宅勤務が増えた中ペットを飼う人が増え、需要が増えた話をしています。

アメリカではペット保険に入っていない場合、診察や検査、手術などを含む治療費は100%飼い主の自己負担になります。大きな手術や大病で医療費が高額になりそうな場合は、選択肢として安楽死を勧められる場合もあることから、ペット数の増加に伴いペット保険の需要は右肩上がりで伸びているのです。

GetNavi webより引用

また、アメリカと日本とで大きく違うのがペット保険の内容が日本と比べて保険対象になるものが多いという点です。

一般的にアメリカでは、定期検診や歯の手入れ、ノミ対策、予防接種などもペット保険の対象になるという点。日本では保険料を払っていても、その対象になるのは病気やケガ、手術など高度な治療だけということが一般的で、多くのペット保険で歯やノミなどの定期的なケア費用は補償の対象外です。

GetNavi webより引用

ペットの保険の手厚いサポートで医療費の軽減が出来るため、ペット保険に入るのが当たり前になっているアメリカ。

ペット保険に入ってもサポートしてくれるのかわからず賛否が分かれている日本。

こういった面でも、ペット保険に入るかどうかは一度自分の目で調べてみることをおすすめします。

猫の治療費はどれくらいかかる?

ちゃーさま大丈夫!?…ただ寝てるだけか。
尿結石の治療費
お腹を切って結石を取り出す手術をした場合
手術1回・入院3日:合計 127,800円
※アイペット損害保険株式会社より参照

ネコちゃんが水をあまり飲まない習慣により、尿路結石にかかりやすいと言われています。

ちゃーさま

ちゃーも一度下部尿路になって診察してもらったな

手術はお金がかかりますが、なによりネコちゃんの負担が大きいです。
なにより病気にならないことが一番なので、病気にならないように普段から水を飲んでいるか意識して見ることが大事ですし、あまりフードに関して栄養面を意識していなかったら見直すのもいいでしょう。

結膜炎の治療費
目を洗浄し経過を見るため定期通院した場合
通院1日:合計 3,300円
※アイペット損害保険株式会社より参照

ウイルス感染や異物混入で炎症を起こすことがあります。
このようにどの子でもなりうるものだと定期的に通院となった場合、塵も積もれば山となる状態になり経済的負担は大きいですね。

ペット保険では、[手術しないと補償は出ないプラン][幅広く補償は対応するけど補償額の割合が低くなる]等と様々です。

まずどんな保険があるのか、自分の猫にあった保険・自分に合った保険があるのか知るために、ペット保険の資料請求をしてみてはどうでしょう。

一番は自分が大事にしたいのは何かを知ること

みんなを守りたい

両学長の不要派の意見はご自身でよく調べた結果、損することしかないと結論を出しました。

「じゃあ自分も入らない」と言って、いざ自分の大事なネコちゃんが病気になった時に後悔はしないでしょうか?

人が言っているからとかではなく、まずは自分で情報を知った上で決断することが何より大事だと思います。

同じペット保険でも国によってこんなに違うんだとわかる一方、こんなにペットの幸せを考えている人達が世界中にたくさんいるんだなと感じてすごく嬉しかったです。

今回病気にかかった場合の話ばかりしてしまいましたが、元気に長生きしてもらうことが一番ですよね!
もちろん病気にかかってからではペット保険に入れません。
そのためにも、事前にペット保険について学習してみるのはどうでしょうか?

やっぱり申し込まない・この保険なら掛けてみたい、と思うものがあるのか。
答えは人それぞれにあると思います。
みんなが言っているからではなく、一度どういったものがあるか目を通してみましょう。

なにかわからないことなどあったら、気軽にご質問ください。
また、「こうした方がいいよ!」というアドバイスなどもあったら教えて頂けたら嬉しいです。
少しでもお役に立てたらこの記事をシェアしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!

あなたにとって素敵なネコサマライフを過ごされるのを祈ってます。

\どんな補償があるのか調べてみよう/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてにゃ!

コメントしてくれたら嬉しいにゃ

コメントする

目次
閉じる